Scroll

YouTube動画制作会社おすすめ15選! 依頼するメリットやポイントも解説

YouTubeマーケティングで成果をあげたいなら、プロの動画制作会社への依頼がおすすめ。本記事は、動画制作を得意とする会社を厳選して15社紹介します。また、依頼時に押さえておきたいポイントやコツも解説しているので、参考にしてください。

YouTube動画制作とは、どんなサービス?

現在、YouTubeはさまざまな企業のマーケティングやブランディングにおいて重要なメディアになっています。

しかし、ただYouTubeチャンネルを開設するだけになってしまい、成果をあげられないまま、予算や時間ばかりを浪費してしまうケースも多いのではないでしょうか?

「社内に動画制作や動画マーケティングのノウハウがない」「動画制作に充てられるリソースがない」といった課題を抱えている場合、プロの動画制作会社に相談・依頼するのがおすすめです。

YouTube動画制作を支援してくれる会社は、企画段階からヒアリングを実施。どのような効果を得たいのかによって、さまざまなプランを提案してくれます。さらに、一部の企業では、動画撮影だけでなく、編集作業や公開後の分析まで担当しています。

おすすめYouTube動画制作会社15選

ここでは、おすすめのYoutube動画制作会社を15社紹介します。
撮影・編集・運用など依頼したい内容に合わせて発注先を選びましょう。

株式会社フロンティアチャンネル

株式会社フロンティアチャンネルは、動画撮影・編集、YouTube運用・コンサルティング、ライブ配信、MCキャスティング、ナレーション制作など、動画制作に関わるさまざまな依頼に対応できる制作会社。

企画段階からYouTubeマーケティングを相談することができ、企業やサービスの特性に合わせたさまざまな施策を提案してくれます。

300社を超える豊富な実績があり、新潮社、スカパー、AbemaTVといったさまざまな企業のYouTubeチャンネルをサポートしています。

バラエティ、スポーツ、学習系など対応可能なジャンルも幅広く、あらゆる業種のマーケティングを支援してくれます。

ホームページ:https://www.frontierchannel.jp/

モバーシャル株式会社

モバーシャル株式会社は、動画制作、広告制作、Youtube運用、ライブ配信まで幅広く支援している制作会社。NEC、花王、サントリーなど有名企業の制作実績も豊富です。

経験豊富なスタッフが多数在籍しており、Web上で高いパフォーマンスを実現する動画制作が強み。社員の80%がクリエイティブスタッフということもあり、すべてのクリエイティブを内製しているのも特徴の1つです。

ホームページ:https://www.mobercial.com/profile/

株式会社プルークス

株式会社プルークスは、動画制作からマーケティング戦略の立案・運用まで支援している制作会社。累計2,000社、5,000本以上の動画制作実績があります。

実写、アニメーション、CG、VR・AR、ドローンなど多彩な表現手法を駆使した動画制作が強みで、あらゆる企業規模・業種における動画マーケティング支援も実績豊富です。

ホームページ:https://proox.co.jp/company/

株式会社LOCUS

株式会社LOCUSは動画制作だけでなく、PR戦略のコンサルティングにも力を入れている制作会社。厚生労働省などの官公庁、JR東海、NTTデータといった有名企業の動画制作実績があります。

「マーケティング」「企業コミュニケーション」「採用」の各領域において、専門知識と豊富な実務経験を有するコンサルティングチームを擁しており、600名のクリエイターに支えられたクリエイティブ力も魅力です。

ホームページ:https://www.locus-inc.co.jp/

株式会社Lumii

株式会社Lumiiは、動画制作クリエイターと直接マッチングできるのが特徴の制作会社。YouTube運用プランがあり、運用を丸ごとお任せできます。

同社に在籍する厳選された20名のクリエイターとクライアント側の企業が直接マッチングすることで制作費用を抑えられます。トヨタやユニクロ、小田急など、有名企業の制作実績も豊富です。

ホームページ:https://lumii.co.jp/

株式会社CREVO

株式会社CREVOは、国内外の7000名以上のクリエイターとのネットワークを有する動画制作会社。累計2000社・4000件以上の実績があります。

料金プランが幅広く、ニーズに合わせた予算感や表現で動画制作を依頼できるのが特徴です。

ホームページ:https://crevo.jp/

株式会社KNOCK

株式会社KNOCKは、企業ビデオパッケージやプロモーション映像の企画・撮影・編集だけでなく、インフルエンサーマーケティングやYouTubeマネジメント支援なども得意とする制作会社。

単に動画を制作するだけでなく、インフルエンサーマーケティングにも取り組みたいと考える企業に特におすすめです。Youtubeチャンネル運用コンサルティングや動画制作の内製化支援などにも対応しています。

ホームページ:https://knock.co.jp/

株式会社GEKIRIN

株式会社GEKIRINは、動画編集に特化した制作会社。2000件以上の実績を持ち、価格も15,000円からと安価で対応可能。最短24時間納品もでき、コストや時間を抑えたい方におすすめです。

素材の長さや案件に応じて、さまざまなプランを提供しています。

ホームページ:https://gekirin.jp/

株式会社Global Japan Corporation

株式会社Global Japan Coeporationは、東証一部上場企業から個人事業主まで、4000社・60業種以上の実績がある制作会社。

短尺な動画であれば3万円〜、長尺の動画でも30万円〜と、業界トップクラスのコストパフォーマンスが特徴です。専門デザイナーのアサインや無料の修正対応が可能など、細かなサポートも充実しています。

ホームページ:https://gjc.me/

株式会社aquwa

株式会社aquwaは、漫画動画制作やYoutubeコンサルティングに強みを持つ制作会社。

自社コンテンツである親子むけYoutubeチャンネル「サンサンキッズTV」は、チャンネル登録者数100万人以上、総再生回数18億回を誇る人気チャンネル。ノウハウが豊富で、Youtubeチャンネル運用のコンサルティングにも強みを持っています。

ホームページ:https://aquwa.co.jp/

株式会社Suneight

株式会社Suneightは、YouTubeのビジネスアカウントの運用・管理に特化した動画制作会社。YouTube向けの動画制作〜VSEO対策、運用から解析までを一括でサポートしています。

VSEO対策に強みを持っているため、Youtube動画マーケティングを強化したい会社におすすめです。

ホームページ:https://suneight.co.jp/

株式会社サイリング

株式会社サイリングは、累計9,000タイトル以上の実績を持つ老舗の制作会社。

企業PRだけでなく、テレビCM・広告、イベント、DVD制作など、幅広く対応できるのが特徴。豊富な映像制作の経験を活かした顧客ニーズへの対応が持ち味です。

ホームページ:https://www.cyring.net/

株式会社フラックススタジオ

株式会社フラックススタジオは、愛知県名古屋市に本社を構える制作会社。

商品CM、販促CM、イベント映像、MV(ミュージックビデオ)、求人採用動画、ウェディング映像など、さまざまなジャンルの動画制作を手がけており、ドローン撮影やVR撮影制作にも対応しています。

ホームページ:https://fluxstudio.jp/

株式会社クレフ

株式会社クレフは、大阪府大阪市に本社を構える制作会社。

Web制作を中心に事業を展開していたこともあり、Web上のさまざまなメディアを掛け合わせたマーケティングを得意としています。ビジネス向けを中心に、さまざまなジャンルの映像制作に対応しています。

ホームページ:https://www.clefgroup.com/

株式会社ロックハーツ

株式会社ロックハーツは、福岡県に本社を構える制作会社。映像制作、Web制作、マーケティングを幅広く支援しています。70名以上のクリエイターが所属し、1000件以上の制作実績があります。

料金10万〜、最短1ヶ月から依頼でき、さまざまな予算や納期に対応しているのも特徴です。

ホームページ:https://rockhearts.jp/

Youtube動画制作の費用

制作会社を選ぶ上で、制作したいジャンルの動画制作を得意とする会社かどうかは重視したいポイントですが、同時に重要となるのが金額。

Youtube動画制作の相場は動画の尺やジャンルはもちろん、企画へのコミットや運用など依頼したい内容に応じて変動します。多くの制作会社は、ニーズに合わせた複数のプランを用意しています。

あくまで参考値とはなりますが、株式会社フロンティアチャンネルでは、Youtube動画編集を1本2万円から対応しています。(月5本以上依頼の場合)

➡︎株式会社フロンティアチャンネルのYoutube動画制作について詳しくはこちら

会社選び・依頼時のポイント

最後に、YouTube動画制作を依頼する際のポイントや会社選びのコツを解説します。

制作会社の規模

金額面やクオリティ面ばかりに注目しがちですが、意外に重要なのが制作会社の規模の確認です。

YouTube動画の制作会社は、多数のクリエイターが在籍する大規模な企業から少人数で対応している会社までさまざまです。

小規模な会社の場合、社内のリソースの観点から迅速な対応が難しい場合もあるため、希望の納期に対応できるか、依頼内容をクリアできるかどうかを事前にしっかりと確認しておきましょう。

制作実績は十分か

依頼先の成果物のクオリティを確認する際に注視したいのが制作実績です。
実績を確認し、自分の求めるクオリティを担保できそうか、同様の規模の案件をこなした経験があるかを判断しましょう。

得意ジャンルが自社のニーズと合っているか

依頼したい動画のジャンルを得意としている会社を選ぶのも重要です。多数のジャンルをカバーしている制作会社も多くありますが、なかには特定のジャンルに特化した会社もあるので注意が必要です。

また、制作実績を確認する際は、依頼したい動画と同様のジャンルの実績があるかどうかもしっかりと確認しましょう。

編集以外にも、企画、撮影、チャンネル運用などの対応が可能か

YouTubeチャンネルの運営は「動画を1つアップすれば終わり」ではありません。定期的な動画の更新や、視聴者のニーズ分析、分析をもとにした企画立案など、チャンネル運用を成功させるにはさまざまな観点からのアプローチが必要です。自社でこうしたYoutubeチャンネル運営のノウハウがない場合、単に動画編集だけを依頼するのではなく、企画や撮影、チャンネル運用までサポートしてくれるパートナーを探すことをおすすめします。

➡︎株式会社フロンティアチャンネルのYoutube動画制作について詳しくはこちら

価格が適正か

誰しもが依頼にかかる費用をできるだけ抑えたいと考えがちですが、依頼先の価格が適正かどうかをしっかり確認しておくことも重要です。

例えば、安価に惹かれて依頼したものの、成果物のクオリティが低かったり、修正を依頼できる回数が限定されていて出来の悪い動画になってしまった…といった状況になっては意味がありません。

価格に含まれている編集内容や受けられるサポートの質をよく確認して、適切な依頼先を選びましょう。

コミュニケーションが迅速・円滑か

信頼して制作を依頼するには、コミュニケーション面も非常に重要です。要望に対して迅速かつ円滑に対応してくれ、依頼側の状況を汲み取ってサポート内容を検討してくれるパートナー企業を探しましょう。

コミュニケーション用のツールや修正の依頼の仕方など、事前の打ち合わせやトライアルの際にレスポンスの速さやスムーズな対応が可能かをよく判断しましょう。

まとめ:ニーズに合ったサービスを提供できる会社を選ぼう!

Youtubeチャンネルで成果を挙げるには、撮影・編集のクオリティはもちろん、マーケティングにコミットする企画・運用が非常に重要です。

自社のニーズに合ったコンテンツを制作してくれる会社を選ぶことは、YouTubeを活用したマーケティングやブランディングの成功を左右します。

また、依頼先を探す際は、コストやクオリティ面だけでなく、相手企業とのコミュニケーションの取りやすさやサポートの内容・範囲などもしっかりと確認しておきましょう。

動画制作専用お問い合わせフォーム

Contact

   

ライブ配信代行・動画制作・キャスティングをご検討の方
まずはお気軽にご相談ください